スポンサーリンク
今を後悔なく生きる

今を後悔なく生きる

今日は3月11日。 東日本大震災から10年目。 あの日を振り返ると、今、私たちに与えられたいのちを、今ある時間を、今目の前にいる大切な人と過ごす時間を、大切に生きたいと思えます。 一日一日を懸命に生きたいと思うのです。

子どもの遊びと大人の遊び心は、生きるために必要なこと

子どもの遊びと大人の遊び心は、生きるために必要なこと

子どもには、食べることと寝ることと、もう一つ必要なものがあります。 それは、「遊ぶ」こと。 遊ぶことは、空気を吸うように、お水を飲むように、子どもたちにとって自然なことです。 子どもが自ら遊びたくて手を伸ばす。これをやったらどうなるのかな?という沸き起こる興味から始まる遊びは、子どもにとって、生きる世界に適応していくことそのものなのです。 そして、実は、大人にとっても、遊ぶこと、ことに「遊び心」が必要なのです。

子どもは自然のままに遊んで育つ

子どもは自然のままに遊んで育つ

ルソーの「エミール」の中に、こんな言葉があります。「子供を愛せよ、子どもの遊びを大切にせよ」と。「不確実な未来のために現在を犠牲にする残酷な教育をどう考えたらいいか・・・耐えがたい束縛を受け、徒刑囚のように、絶えず苦しい勉強をさせられ、しかも、そうした苦労がいつか有益になるという保証もない、かわいそうな子どもを見て、どうして憤慨せずにいられよう。」と。エミールから抜粋しつつ、子どもの遊びについて考えてみます。

スポンサーリンク
Happy Children
Happy Children