子ども達は遊び場を求めている

シェアする

春休みに入った子ども達は、毎日のように入れ代わり立ち代わりやってきます。

来る子ども達の顔触れが変わると、遊びも変わっていきます。

そこからまた新しい遊びが生まれていくのも、楽しいものです。

今回は、そんな春休みの子供たちの遊びを紹介していきます。

スポンサーリンク
Happy Children

男の子たちの遊び

家には小1の息子がいるので、普段は、男の子が集まることが多い我が家です。

男の子だけの時は、ベイブレードや、カードゲームなんて、よくある男の子たちの遊びになることが多いのですが、飽きてくると、物づくりに夢中になったりもします。

最近はまっているのは、ヨーヨーづくり。

段ボールを丸く切り抜いて、真ん中に段ボールで芯をつけて作ったオリジナルヨーヨー。

家の中ばっかりだとつまらないから、時にはお気に入りの手作りヨーヨー持って、春探しに出かけたり。

ヨーヨーづくりに飽きたら、お次は紙飛行機大会。

紙飛行機作っては、近所の空き地に飛ばしに行きます。

その時々で、子ども達の中で遊びのブームが移り変わります。

穴に落ちちゃダメな、ゆらゆらゲームとか、常に、面白いことないかな~って、思っているようです。

「いいこと考えた~!木の上で本読もうっと♪」って、本を家から持ち出しての木の上で読書タイム。

「俺は屋根の上がいい!」って、屋根に上る子も。

女の子が入ると、遊びが変わる

そんな男子チームの遊びに、女子が加わると、全然違う遊びになっていきます。

忘れたころに、ひょっこりやってくる女子たち。この日は、以前遊びに来てた子が、新しい友達連れてぞろぞろやってきました。

まずはムックにご挨拶。怖がってる子には、「大丈夫だよ。この犬、こうすれば咬まないよ」って、うちに来たことある子は、慣れたものです。

ようやく春めいて、20度近くあったこの日。子ども達は、はじめっから泥に入るつもりで、サンダル履きでやってきた子もいます。泥に入りたい子と、絶対に入りたくない子がいます。

入ってる子は、「めっちゃ気持ちいい~!!」と、泥の感触を楽しんでいます。

男子は、水を運んでくる係。

こちらは、色水遊びをする子たち。

木登り初めてさんも、木登りに挑戦!

登れた子を見上げて、いいな~・・・って思ってる子。

でも、そんな子も、木の上のツリーデッキに登れてご満悦♪

そのうち、色水を流して、血の池地獄に。

でも、泥に入ってる子たちが、泥水に泥団子投げ入れて、泥を飛ばそうとするものだから、汚されたくない女子チームは家の中に避難。

すると、泥んこチームは、「ねえ!泥、もう投げないから、外に出てきて~!」と、泥足のまんま玄関に。

でも、中に入った子たちは、それが嘘だと知っているから、絶対出てきません(笑)。

女子チームが泥遊びに夢中になってる頃、こちらの男子は、枝切りに夢中。

中に入った女子チーム。

何をするかと思えば、部屋を暗くして、「お化け屋敷にして、外にいる人、呼んできて脅かそう!!」と、かくれんぼのような、お化け屋敷が始まりました。

一人が、「あと20数えたら中に来て!」と、友達外に呼びに行っている間に、みんなはそそくさと隠れます。20数えて中に入ってきた子たちを、それぞれの場所から「わ!!」って、脅かし大笑い。

そのうち、「新藤さ~ん!!もう、三時過ぎたよ~」と、おやつの催促。

この日は11人の子ども達。袋菓子なんて、あっという間になくなっちゃうから、この日のおやつはワッフルにすることに。

作り始めると、子ども達がわらわら台所にやってきて、「手伝いたい!」「作らせて!」と、行列ができます。代わりばんこに混ぜて、焼いて、出すと、あっという間に売れてなくなります。

お腹が膨れたら、外に飛び出す子と、やっぱり中で遊び続ける子に分かれます。

さっきまで外にいた子が中に残り、中にいた子が外に出ました。

そして始まったのが椅子取りゲーム。オルゴールが止まるまで回り続けて「目まわる~!」「早く止まって~!」

遊んでいると、あっという間に帰る時間。女子たちは、さんざん遊んで、早めに「もう帰る」って、散らかしっぱなしで帰っていきます。

後に残された残骸を片付けるのは、男子たち。

遊びながらですが、黙って片付けてくれる、優しい男子たちです。

子ども達は、遊び場を求めて放浪しています

こういう、長期休みに入ると、子ども達は遊び場を求めて放浪しています。

いつもの場所じゃ飽きてきて、「どうする~」「何やる~?」「どこ行く~?」って、言っているうちに、「新藤さんち行ってみる?」ってなるようです。

うちを知らない子は、「新藤さんちって何なの?」「どこ?」って思いながら、友達に連れられてやってきます。

「ここ、遊んでいいんですか?」

「ここ、仲良し会?」

「いいよ。ここは、子ども達、誰でも遊べるようにしてあるから。」

「でも、お約束があって、道路には絶対出て遊ばない事。新藤さんがいないときは、犬に触らないこと。それ以外は、何やってもいいよ。」

と言うと、安心するようです。

「公園みたい。お母さんに公園に行ってくるって言ってきたから、ここ、公園みたいだし、いっか。」とか言って、遊び始めます。

今朝も、見知らぬ子たちが庭に来ていました。

一人は、だいぶ前に、誰かに連れられてうちに来たことがある子のようです。その一人に連れられて遊びに来た子供たち。

完全口コミで徐々に広がっているようです。

子ども達は、遊び場を求めて放浪しています。

面白いところはないかな?

怒られないようなとこないかな?

安心して遊べるとこないかな?

そうやってたどり着いた先が、我が家のおうちプレーパークです。

毎日、子ども達の声が響いています。

ここが、子供たちにとっての秘密基地です。

3/31は10:00~15:00まで駒っこランドでプレーパークです。おうちプレーパークはお休みです。

子ども達は遊び場を求めている
この記事をお届けした
Happy Children Towadaの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
Happy Children
Happy Children

シェアする

フォローする