子どもって、みんな発明家!

シェアする

子育てしてきて21年。プレーパークでたくさんの子供たちともかかわってきました。

その中で、子どもたちって、みんな発明家だな~って思うのです。

大人が思いもつかないようなアイディアで、びっくりするようなもの、楽しい物、いろんなものを作ります。今日は、そんな子供たちの発明家ぶりを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク
Happy Children

いいこと考えた!

「いいこと考えた!」この言葉から、子供は発明家の顔になっていきます。

ないなら作る。そんな発想から生まれた数々の工作。最近のヒットはベイブレード。完全オリジナル段ボールベイブレード。シューターは本物ですが、ベイはすべて段ボール製。

こちらの台車は、長男が小4の時に作ったもの。かれこれ10年。まだ使えます。

これは、人形が動く仕掛け。
ないなら作る編では、段ボールヨーヨーも。
木工では、大人の想像をはるかに超えるものを作る子ども達。
ターザンロープも、子供たちのアイディア

吹き矢!

ストロー鉄砲

風で飛べるか!
水を流す装置とか




懐かしいぶるぶるぞうさん。息子が二年ぐらい前に作ったやつ。

新藤 幸子さんの投稿 2019年1月20日日曜日

息子が年長さんぐらいの時に作ってたぶるぶるぞうさん。鼻に風船くっつけたり、いろんなものくっつけて回して遊んでました。

ちっちゃくたって、真剣な顔はもう、発明家。

小さな発明家たちのアイディアを形に

子どもたちがいいこと考えた!

と思った時、それを形にできる材料が、子供たちの手の届くところに常にあるといいですね。

セロハンテープ、ガムテープ、はさみ、段ボール、厚紙、紙コップ、ラップの芯やトイレットペーパーの芯、割りばし、ペットボトルなど。レベルアップした作りたいものによっては、モーターやワニ口クリップ、電池や電池ボックスのような、電気工作のための道具が必要なことも。

子どもが、作り隊!って思った時に、サッと取り出せるところにあるのが肝心です。

もちろん、ちらかります。

でも、子供たちの「いいこと考えた!」が、どんないいことなのか、見るのがすごく楽しみです。

そうはいっても、子供たちが、「何作っていいわかんない」っていう時は、大人が遊び心を見せるときでもあるかもしれません。

子どものことはさておいて、大人が楽しんじゃってる姿に触発されることもあります。

新藤 潤一さんの投稿 2019年1月18日金曜日

忍者からくり屋敷は、息子の発案で、高校生のすみれちゃんが作ってくれたもの。

とにかく、一度なんか作りたい!っていう想いに火が付きさえすれば、後は自然と子どもたちの中からアイディアが湧き出てきます。

絵本をきっかけに、発明家の道を目指してみるのもおもしろいかも。

どうぞ、こどもの「いいこと考えた!」っていう瞬間を楽しんでくださいね♪

プレーパーク情報

☆1/26(土)10:00~15:00
十和田市駒っこランド交流館にてプレーパークです。駒っこランドの雪まつりも同時開催ですので、中でも外でも一日遊べます♪どうぞ遊びに来てくださいね♪
雪まつりは日曜もありますが、プレーパークは土曜のみです。

★1/27(日)は八戸はっちで映画の上映会に合わせてプレーパークです

★2/23(土)駒っこランドでプレーパークです

はぴちるLINE@では、はぴちるプレパ情報など、随時配信いたします。

友だち追加

11月に出版した私たちの本もよろしくお願いいたします。Amazonでも購入もできますが、 ほんとは、できれば、地元の本屋さんに注文して買っていただきたいと思っています。地元の本屋さんも大事にしたいと思っています。「悪ガキたちの秘密基地」、どうぞ手にとって読んでみてくださいね。

でも、もし、アマゾンで購入した方がいましたら、レビューを書いていただけるととてもうれしいです。よろしくお願いいたします。


活動費のお振込みも随時受け付けております。

【ゆうちょ銀行】

記号18420 番号07138981 シンドウサチコ

子どもって、みんな発明家!
この記事をお届けした
Happy Children Towadaの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
Happy Children
Happy Children

シェアする

フォローする