小学生までにたくさんの外遊びを!

シェアする

近頃、子ども達は部活や習い事に忙しく、遊ぶ時間がありません。それに加えて、遊ぶ環境も、ボール遊びは禁止とか、大声で騒ぐとうるさいとか、決して子どもたちにとっていい環境ばかりではありません。そんな中でも、子ども達が友達と群れて外遊びすることが、子供時代には大事なことだと思っています。一日いっぱい遊びきった経験は、宝物の記憶です。ぜひ、小学生時代に、たくさんの外遊びをさせてほしいと思います。

スポンサーリンク
Happy Children

外遊びの効果

尾木ママも、8歳までの外遊びが大切だと言っていますが、外遊びによって育つといわれている力がとても大きいのです。

①コミュニケーション能力が育つ

②運動能力の向上(体の発達、体力がつく)

③想像力や創造性がつく。自分で考えられる子に。

④前頭前野が発達し、感情が安定し、集中力がつく

といった効果があると言われています。

ただ、こういった効果も、個人差があることで、必ずしも外遊びいっぱいしたからこうなると、言えるものではありません。

子供時代、外遊びしなかった子が大人になってコミュニケーション能力のない子になっているかといえば、必ずしもそうではないように、外遊びした子が優秀になるということではありません。

ただ、友達と暗くなるまで外で遊んでいたというような経験を持っている子の方が、より自由な生き方をしているように思うのです。

自分の好きなことを仕事にしていたり、人生を楽しんでいる人は、幼少期、当たり前のように暗くなるまで外でたっぷり遊んできたり、大人に怒られるようないたずらしてきていたり、必ずしもいい子ではない子供時代を過ごしてきた人が多いように思います。

今の子供たちを見ていて思うのは、答えのある問題は解けるけど、自分でどうすればいいか考えなさい、という問いに対してはとても弱いように思うのです。加えて、人の気持ちを思いやることがあまりできない子も多くいます。

それが、私には外遊びの減少とも関係があるように思えるのです。はっきりとしたデータは、私は持っていませんが、たくさんの子供たちを見ていて感じることです。

群れて遊ぶ経験の少ない子供たちは、ケンカしてはいけませんと育てられていることも多いのか、ケンカして、許して許されてという経験も少ない。相手がこんなことを言ったら傷つくだろうなとか、相手の気持ちを考えることができない子も多くいるように感じます。

平気で傷つくことを口にするし、それが悪いことだという感覚もない。

子ども達が関わりながら遊ぶ経験は、大事な学びの場なのだと思うのです。

夏休みの子供たち

夏休みが始まったばかりですが、暑い中、時間いっぱい、子ども達はよく外で遊びます。

興奮して、水の掛け合いしてるうちに、大声で騒ぎすぎて、ご近所さんに怒られてしまいました。

それからは「おい、おまえ、大きい声出すなよ!」

「やめろよ!大声出させんなよ」

と、こそこそと、気をつかいつつ、ちょっぴりテンション下がった子ども達ですが、それでも遊びは続きます。

テンション下がってきたら寒くなってきたのか、駐車場で寝転んであったまる二人。アリンコ見つけて「ヒアリじゃない?!」とか言いながら、暖をとります。

こそこそ話しているのも、楽しそうです。

今の時代、子ども達が遊ぶ環境も、決していいわけではありません。怒られると、そんなことで何で?子どもの声が騒音と言われる世の中は悲しいものだと思ったり、いろんな気持ちになりますが、住宅街ですから、静かに過ごされたい方もいるのも、仕方のないこと。

怒られたことで、いろんな方が世の中に入るのだと、ほかの人の気持ちを知るきっかけになったかもしれませんね。

子ども達には、「静かに過ごしたいと思ってる人もいるからね~。」「ちょっと大きい声出しすぎちゃったね。」って、嫌な思いだけで終わらないようにと思います。

寒くなったので、玄関で着替えていたら、ちょこちょこ歩いてる虫が。「ん??」

「ホタル!」

なんと、ゲンジボタルでした。この辺にはあまりホタルが出ることはありません。田んぼが多いいから、ヘイケボタルはいたとしても、ゲンジがいることはありません。

昨日までの雨で、どっかから流されてきたのか、迷いホタルですね、きっと。

夜になったら、ちゃんと光りました。

発光器が二本線なので、オスです。

遊びきる子供時代を

いろんな子供たちが、入れ代わり立ち代わり、遊びに来る夏休み。

水で遊び、びしょ濡れになって、カエルを捕まえ、虫を見つけ、走って別の友達の家に行き、バカ言って笑いあい、泥まみれの汚い足になり、たまにケンカして、仲直りして、怒られて、泣いて笑って、いっぱい遊んで成長するんだよね。

遊び疲れて寝落ちする。それほどに走り回って。お腹ペコペコで食べるご飯はおいしくて、「ああ~、おいしかったぁ!」って、完食して。

「ああ~、今日も楽しかったぁ!」って、夢の中へ。

そんな子供時代を、子ども達には過ごしてほしいですね。

自由な遊び場・プレーパーク~夏休みの予定

夏休み中も、青森県内、あちこちでプレーパークを開催します。

はぴちるでは、十和田市内にてプレーパークを開催します。

7/25㈫若葉公園
7/26㈬ちとせ小学校校庭(プール横)
8/1㈫若葉公園
8/5㈯駒っこランド
8/8㈫若葉公園
8/9㈬ちとせ小学校校庭(プール横)
8/16㈬ちとせ小学校校庭(プール横)

若葉公園とちとせ小学校は午後13時から17:30まで
駒っこランドは10時から15時までです。

「あおもりにプレーパーク作り隊」では、

7/30㈰青森県総合社会教育センター(夏のキッズフェア・3F・9:45~15:00)

<合浦公園プレーパーク>

10:00~15:00合浦公園(八百善前広場、木のアスレチック前にて)

7/27㈭

3㈭

6㈰

7㈪

8㈫

12㈯

22㈫

23㈬

で、開催します。子どもと一緒に、ぜひ遊びに来てくださいね♪

その他

8/19(土)プレーパーク@平内

8/20(日)プレーパーク@あおもりマルシェ

8/27(日)プレーパーク@八戸ホコテン

小学生までにたくさんの外遊びを!
この記事をお届けした
Happy Children Towadaの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
Happy Children
Happy Children

シェアする

フォローする

コメント

  1. たぬき より:

    子供の頃は、森に良く宝を隠しました。しかし、宮崎でも森はなかなかありませんね。

    • 新藤幸子 より:

      森に宝を隠すなんて、素敵ですね♪それは、私もやったことがないです(*^-^*)。今度、子ども達とやってみようかな。