プレーパークで青森の夏を乗り切ろう!

シェアする

夏休みに入り、子ども達は、プールに行ったり宿題したり、図書館行ったり、友達と遊んだりしながら過ごしていると思います。家族とお出かけするのは、お父さんやお母さんがお休みの日じゃないと難しいですよね。子ども達は、毎日、「今日は何しよう?」って思っています。そんなとき、助かるのがプレーパーク!青森には常設プレーパークはまだありませんが、夏休み中、青森、十和田で、プレーパークを開催しています。プレーパーク情報をチェックして、夏休み、近くのプレーパークに出かけてみませんか?

スポンサーリンク
Happy Children

学校プレーパーク

プレーパークを開催するときは、いつもこんな感じで、車に荷物をいっぱい詰め込んで行きます。

夏休み中、十和田では、水曜の午後、ちとせ小学校のプールの横でプレーパークを開催しています。

午後のプールが始まる前にやってきた子供たちが、プールが空くのを待ちながら早速遊んで行ってくれました。

プールの前だけど、暑いから水鉄砲!「体じゃなくて!足狙いにして!」って子ども達。

プールが始まると、いったんプールに入りに行く子供たち。でも、もっとここで遊びたいから、プールもさっさと上がってきて再び遊び始めます。

ロープの綱渡りも、結構難しい。

トンカチやくぎを使った木工の他、木のホッケーゲームで対戦してみたり。縄跳び、フラフープ、けん玉、竹トンボ、シャボン玉、野球にサッカー。何をやってもいい。

校庭の遊具で遊ぶ子もいれば、セミの抜け殻探しに、カエル捕まえる子もいる。

「なんか、自然にやさしい遊びですね!」って、男の子。

そこ、わかる?そうなんだよ。そこに気が付いた君、いいとこあるね!

お兄ちゃんと一緒に来たかわいいお友達も、絵の具に挑戦!

女の子は、やっぱりキラキラが好きですね。

ハンモックは、やっぱり絶叫マシンになりますね~。

「一回転させる!!」って、意気込む子供たち。

ロープのブランコも、楽しい~!

木工コーナーでは、いろいろ作ってみたい子どもたちが、のこぎりやトンカチに挑戦。

「ぼく、弟に、箱作ってあげるんだ!弟、5歳で、箱が好きだから。それに、整頓上手じゃないから。」って、一生懸命箱作って、色を塗るお兄ちゃん。作り終わったら、ちょっと考えて、「お兄ちゃんにも作ってあげなくちゃ!」と言って、再び作り始めます。

もう一人の子は、おしりたたきマシーンを作ってるようです。

違う子は、飛行機作って、飛ばせてみたけど、全然飛ばなくって。「どうすれば飛ばせられるんだろう・・・?」って、考えてましたが、最終的に飛ばすのはあきらめ、色を塗って飾りにしたようです。

別の6年生チームは、砂鉄集めに夢中になります。穴掘って、砂遊びしだす子も。6年生でも、まだまだ砂遊びいけますね~。

十和田の学校プレーパークはこんな様子で13時から17:30まで子どもたちが入れ替わり立ち代わりやってきます。

下の写真は、青森のプレーパーク作り隊による、原別小学校での学校プレーパークの様子。

こんな風に、学校プレーパークは、地域の子供たちが、自分たちの足で学校まで来られるからいい。夏休みは、そんな場所がいいですね。

公園プレーパーク

地域の子供たちが、自分の足で来られる場所として、公園もいいですね。十和田では、夏休みの火曜の午後は若葉公園でプレーパークをしています。

ここは、学校プレーパークをしている場所とは学区の違う公園なので、来る子どもたちは違います。

たまたま公園に遊びに来ていた子供たちに、遊んで行っていいよ~って、声かけたら、電話で友達呼んできて、女の子がたくさん来てくれました。

ロープの綱渡りや

おなじみハンモック。

木のオセロで対戦。シャボン玉で応援?する子。

女の子たちだって、いろいろ作ってみたい。

かなり完成度の高い椅子を作って、色まで塗っていった子も。来たときは自転車で公園に来ていたので、椅子を持ち帰れず、どうしよう・・・って考えて、「わかった!一旦自転車で家に帰って、お母さんに車で椅子をとりに来てもらおう!」って、椅子は大事に持ち帰っていきました。

何やら、一生懸命考えて、黙々と作っているこの子。

出来たのは、なんと、松ぼっくり投げ入れゲーム。松ぼっくり5個投げて、何点入るか、っていうゲームができました。

こちらの作品は、大きすぎて持ち帰れませんでした。

男子チームは、剣を作って対戦したり

ホッケーゲームしたり、

水鉄砲に、鬼ごっこ。セミの抜け殻探し。

しばらく砂遊びに夢中です。

砂遊びといえば、やっぱり水ですね。靴のまんま入っちゃう子も。

この子も、椅子を作っています。去年も若葉公園のプレーパークに来ていた子で、木を切ったり、トンカチ打つのも慣れた様子です。

こんなかわいい作品を作っていった子も。女の子のセンスはいいな~。

そして、青森では、プレーパーク作り隊による合浦公園プレーパーク。

目の前に海水浴場があって、海でカニを捕まえたり、池でエビも捕まえられる何とも素敵な環境です。木の遊具のある八百善前広場で夏休み中開催しています。

夏休み中のプレーパーク情報

前回のブログの最後に、夏休み中のプレーパーク情報がありますので、夏休み中、お近くの方は、ぜひお出かけください。雨の日は中止です。

前回のブログのプレーパーク情報ですが、青森のプレーパークが一部変更していますので、再びカレンダーにチェックしておいてくださいね。

その他の青森にプレーパークを作り隊の情報は、子育てオーダーメード・こもものHPもご覧ください。夏休み以降の日程もあります。

プレーパークで青森の夏を乗り切ろう!
この記事をお届けした
Happy Children Towadaの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
Happy Children
Happy Children

シェアする

フォローする