外遊びで幸せホルモンがいっぱいに

シェアする

放課後、住宅街でも元気に子どもの遊ぶ声があまりしなくなっているように思います。

学童保育に行っている子も多く、塾や習い事で忙しい子も多い。遊んだとしても、友達の家でゲームして過ごすことも多い子供たち。

外遊びする子は、私達親世代が子供のころより激減しています。

家にこもって、インターネットやゲーム。スマホがあれば、一日中家の中で過ごせてしまう便利な時代。

子どもも、夜遅くまでスマホやゲームで夜更かしする子も多くなっています。

すぐに疲れたと言い、無気力の子もみられます。

実は、お日様にあたることで幸せホルモンであるセロトニンがたくさん作られます。セロトニンは、夜になると、睡眠ホルモンであるメラトニンになります。

子どもがお日様の下でたっぷり外遊びすると、夜ぐっすり眠るのは、とても自然なことなのです。

外遊びで幸せホルモンであるセロトニンをたくさんつくって、夜はぐっすり眠って成長していきます。

でも、近頃、その自然なことが当たり前でなくなってきているのではないかと思うのです。

幸せホルモンのセロトニン

幸せホルモンと言われるセロトニンは、たんぱく質などに含まれるアミノ酸の一種であるトリプトファンを材料に作られます。トリプトファンは、大豆、大豆製品、乳製品、卵、肉、魚、ナッツ類、バナナなどに多く含まれます。

この、セロトニンを分泌するセロトニン神経は、太陽の光を目に感じることで活性化します。また、よく噛むことや、呼吸とリズムのある一定の運動(ウォーキング、ダンスなど)によっても活性化されます。

セロトニンは幸せホルモンと言われていますが、セロトニンの分泌量が少ないことで、うつ病を引き起こすとも考えられています。

幸せホルモンのセロトニンをたくさん作るためには、朝は太陽の光を浴び、適度に運動する、そんな自然に沿った暮らしが大事になってきます。

朝は、セロトニンのもとになるたんぱく質をしっかりとって、日中はお日様を浴びて30分以上運動したり、ヨガや瞑想でしっかり呼吸をするのも有効です。ご飯をよく噛むことや、ガムをかむこともセロトニンを活性化するようです。

睡眠ホルモンのメラトニン

セロトニンは、夜になると分泌される睡眠ホルモンであるメラトニンの原料です。

セロトニンの分泌は日没とともに減少し、夜は睡眠ホルモンメラトニンに置き換わります。そして、朝にはほとんどなくなり、朝、目覚めて太陽の光を浴びることで再びセロトニンが作られ始めます。

セロトニンがたくさん分泌されるためにはたんぱく質と、日光と、呼吸や運動、咀嚼が有効だといいますが、一日動いて、夕方ごろになり、疲れやストレスがたまっってくると、セロトニンの分泌が少なくなります。

また、スマホやパソコン、近頃はLED照明などのブルーライトは、メラトニンの分泌を阻害すると言われています。

本来、日中たくさん作られたセロトニンが、9時ごろにはメラトニンとしてたくさん分泌され始めるのに、寝る前のスマホやゲームで、メラトニンの濃度が減り、夜になっても眠くなくなったりします。

夜、メラトニンがたくさん出たときに体温が低下し、自然に眠くなるようになっています。子どもは、そうしてぐっすり寝ている間に成長ホルモンが出て、成長していきます。

日中、たっぷり外遊びして、セロトニンをたくさん作り、夜になったら自然と眠くなる。そういう生活スタイルが子供の成長には必要なのです。

黄昏時に、心地よい触れ合いでオキシトシンを

もうひとつ、大事なホルモンに、オキシトシンがあります。

オキシトシンは愛情ホルモンとも言われ、産後のお母さんにたくさん分泌されるホルモンとしてよく知られています。

でも、オキシトシンは、スキンシップや何気ないおしゃべりをするなどのコミュニケーションによって、誰にでも出るホルモンだということがわかってきました。

オキシトシンには、心の絆を深める効果や、ストレスを軽減したり、不安を軽減させたりする効果もあります。

黄昏時、一日の疲れが出て、ストレスホルモンが出てしまっても、「ただいま~!」って、おうちに帰ったときに、今日一日のことを何気なくおしゃべりしたり、抱っこしたり、お膝で絵本を読んであげるようなスキンシップ、背中をトントンするような心地いいタッチングでオキシトシンが分泌されて、脳からストレスを消していきます。

また、オキシトシンには、脳内のセロトニン濃度を二次的に増加させる働きがあるようです。

また、ペットをなでるようなグルーミング行動も、オキシトシンを分泌させます。

この、黄昏時から眠るまでの時間は、セロトニンの分泌が減ってくる時間帯。

おしゃべりしたり、抱っこやふれあい遊び、心地いいタッチングで、オキシトシンを分泌させ、ストレスを解消し、親子のきずなを深めることで、眠りホルモンであるメラトニンがしっかり分泌させ、心地よい眠りにつけるようにしたいものです。

たまには、ギューギュー触れ合うのも、オキシトシンがいっぱい💛

ぎゅーぎゅー触れ合うのもオキシトシンがいっぱい💛

自然に沿った暮らしを

こうやって、体のホルモンの分泌の仕組みを知ると、子どもがしっかり外遊びして、おうちに帰ったら親子で触れ合ったり、会話したり、団らんすることで安心して質のいい眠りにつけるようにしてあげることは、とても自然なことです。

スマホやパソコン、ゲームの出現で、昼夜逆転してしまい、夜眠れなくなってしまった若者も多く、うつ傾向にある人も増えています。

うちの長男もまた、一時期、そんな生活を送っていました。

日中はアルバイトして、帰ってからギター制作の仕事。夜中遅くまでパソコンと向き合う毎日で、だんだんに精神的に病んでいきました。

夜は眠れないからと、夜中3時4時まで起きていて、翌日起きだすのは昼過ぎ。お日様の下で活動することはほとんどなく、まさに昼夜逆転の生活でした。

そんな息子を見ていて、お日様を浴びない生活が、彼の心を病ませているのではないかと思っていました。

やはり、人は、朝日を浴び、夜、日が落ちると眠りにつく。そんな当たり前の生活が、自然に健康的でいられる体を維持するものとして獲得してきた進化の形なのではないかと思うのです。

メラトニンは、朝、お日様を視床下部に感じたときから、15時間後に分泌され始めると言います。

朝6時に起きたとしたら、夜21時にはメラトニンが出て、眠くなってくるのが自然な体。

朝、起きるのが遅く、お日様にあたらない生活をしていたら、メラトニンが十分分泌されないので、眠くならないのも当たり前ですね。

大人も子供も、朝は、目覚めたら朝日を浴び、太陽のもとで活動し、おしゃべりしたり、スキンシップをとったり、心地よいコミュニケーションをとり、夜は早い時間に眠ること。

そんな自然に沿った暮らし方が、幸せホルモンをたくさん出して、心の安定と、幸福感をうみだすのではないでしょうか。

心地よいスキンシップで愛情ホルモンのオキシトシンもたっぷり出してくださいね。

今後のはぴちる

★ちとせ小学校放課後プレーパーク(15:00~17:40)

運動会終了後~10月いっぱいの毎週水曜(雨天中止)

5/29㈬~スタート!

※夏休みは8/14をのぞく水曜13:00~17:40

 

★6/15㈯ 自然体験DAYキャンプ(10:00~15:00)

【内容】川遊びと焚き火 ※雨天中止

【参加費】親子(子ども一人)で2000円

    子供一人追加につき+500円

【定員】親子5組

【持ち物】川遊び用の靴又は濡れてもいい靴、着替え、タオル

おむすびなどの昼食(汁物は準備します)、虫よけ、(あれば虫網や虫かご)

 

※場所は七戸になります。参加申し込みしてくれた方に詳細をお知らせいたします。

 

★7/14㈰~15㈪ 夏の冒険キャンプ(11:00集合~翌日15:00終了)

【内容】川遊び&ホタルキャンプ

【参加費】※小学生以上は子どもだけの参加もOK

DAYキャンプ・・・大人3500円、4歳以上2500円、3歳以下500円

一泊二日キャンプ… 大人7000円、4歳以上5000円、3歳以下1000円

【定員】子ども10人程度に達した時点で募集終了いたします。

※場所は東北町になります。参加申し込みしてくれた方に詳細をお知らせします。

★7/20㈯10:00~15:00

若葉公園プレーパーク(どなたも参加無料)

 

 

友だち追加

はぴちるは、皆様からの寄付によりプレーパークの材料費や交通費をあて、活動しております。

活動費のお振込みも随時受け付けております。

今後もこのような活動を続けていくために、どうぞ、ご協力をお願いいたします。

【ゆうちょ銀行】記号18420 番号07138981

シンドウサチコ


11月に出版した私たちの本もよろしくお願いいたします。Amazonでも購入もできます。どうぞ、手に取ってごらんください。

ある日突然やってきた、悪ガキたちとのやり取りを綴った『悪ガキたちの秘密基地』。後半は、子どもたちに伝えていきたいこと、私たち夫婦の子育て、大事にしてきたこと、これからの時代を生きる子どもたちへ。そんなことが書いてあります。

アマゾンで購入された方、よろしければ、読んだらレビューを書いていただけるとうれしいです。

皆様のお声が、励みになります(*^-^*)。よろしくお願いいたします。

『悪ガキたちの秘密基地』

 

 

外遊びで幸せホルモンがいっぱいに
この記事をお届けした
Happy Children Towadaの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
Happy Children
Happy Children

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Happy Children